赤ちゃん・子連れ旅行のマナー|家族旅行・旅育のプロがおすすめ|家族deたびいく
トップ  >  旅行ノウハウ  >  旅先編  >  赤ちゃん・子連れ旅行のマナー
旅のノウハウ
  • シェア
  • Check

「子どもだから仕方ない」と思っていませんか?

掲載日:2010年10月11日

赤ちゃん・子連れ旅行のマナー

対象年齢: 赤ちゃん: 4 幼児: 4 小学生: 3
NI05.JPG

最近子ども連れの旅のマナーについて、いろいろなところで問題になっています。ここでは、実際によくある話を交えながら、スマートに旅するヒントを紹介します。「私は大丈夫」という貴方も、気持ちが開放的になる旅では、いつもと違った行動にでてしまうもの。皆が旅で素敵な思い出が作れるよう、一緒に考えてみましょう。

Wink子ども連れで旅にでるということ~ 
旅で出会う日常とは異なる刺激は、子どもの心身の成長を促し、またコミュニケーションが増える「旅」では、親子の絆も深まります。
また、育児は喜びが多い一方で、ストレスを感じることも多いもの。毎日頑張っている自分へのご褒美に、旅を計画するのも私は大賛成。
パパ&ママが旅でリフレッシュして元気に子育てすることは、子どもにとっても良いことだと考えるからです。
育児は長期戦ですから上手に息抜きをしながら子どもと日々向かい合うことが大切ではないでしょうか。

ただ実際には、小さな子どもとの旅行は(※随分意識は変わってきていますが)、周りに理解をされにくいもの。
「こんな小さな赤ちゃん連れて旅だなんて(非常識だわ)」
「子どもがうるさくて、寛げない」
など厳しい目を向けられがちです。

私も多く旅をする中で、同じ子連れでも「それはちょっとどう?」と思う光景を目にすることも少なくありませんでした。それでなくても厳しい目を向けられがちな、赤ちゃんや子ども連れの旅行。貴方のマナー一つで、周囲の子連れ旅行の印象が良くも悪くもなることを考えてスマートに旅をしたいものです。

ちょっとした心掛けで随分と周囲の印象は変わります。今回はスマートな旅の極意をご紹介します

Smile赤ちゃん、子連れでの旅では準備を念入りに~
赤ちゃんや子どもへの負担は最小限になるように、しっかりと準備をしましょう。特に言葉が理解できない赤ちゃんとの旅行は、”計画が旅の成功の全て”ともいえます。
実際に旅に出ると計画通りにならないこともありますが、まずはしっかりと準備をすることは子連れ旅行をする際の基本です。

Undecided「子どもだから仕方ない」は公共の場では封印を~
「子どもだから多少騒ぐのは仕方ない」「子どもだから本当は駄目だけれどちょっとぐらい……」子育ても慣れてくると、つい思ってしまいがち。
特に旅に出ると開放感から、無意識にこういった考えになることも多いように感じます。
「たまの旅行だし……まあいいか」と、騒ぐ我が子をそのままにする(※周りは明らかに迷惑顔)という光景をよく見かけますが、これは勿論NG。
周りの気持ちとしては、子どもよりも、そのままにして叱らない親への不満がたまります。

「公共の場では、静かにする」というのは立派な社会のルールです。旅を楽しみたいのは自分達家族だけではありません。
「こどもだから仕方ない…」というのは周囲が思ってくればこそ。当事者であるパパ&ママが思うと甘えにつながり時としてマナー違反な行動につながることも。
気持ちはわかりますが、公共の場では封印しましょう。
頑張って子どもをあやしたり、しつけている姿は、周囲の方もしっかり見ているもの。きっとあったかい目で見てくれるはずです。

Wink旅は社会のルールを教える場~
旅は社会のルールを教える最高の場でもあります。子どもが言葉を理解するようになったら、ぜひ意識してみましょう。子どもが騒いだときにはつい「静かにしなさい! 」と威圧的に言ってしまいがちですが「他の人は何をしている? 寝ている人もいるし、本を読んでいる人もいるよね。」等、何故静かにしなくてはいけないのかを伝え諭すのも効果的です。こうするとその場だけではなく、他の時にも自身で考えて応用ができるようになります。

また静かにしていたら、しっかりと褒めてご褒美をあげるのもいいでしょう。ご褒美というと物でつるようで短絡的に思われるかもしれませんが「約束を守る」という躾にもなりますし、子どもも達成感が得られ「次も頑張ろう……」という良いサイクルにつながっていきます。

旅では日常の家事などから開放されて、ママ&パパも子どもと向き合う時間や気持ちの余裕が生まれます。是非こういった余裕の中で社会のルールも教えましょう。


家族deたびいくは、家族旅行・子連れ旅行を応援します!使い方はこちらをご覧ください。
© All rights reserved 家族deたびいく since 2010

同じカテゴリの記事

NT01.JPG

子連れ旅行、計画は慎重に。旅先では柔軟に

赤ちゃん・子連れ旅行で知っておきたい!親の心構え

計画通りにいかなくて当たり前~ 実際に旅をすると、子どもは思った通りにならず、計画が消化できないことも出てきます。 旅行中は、子どもは大人以上に、日常と違う環境で疲れ気味。こんな時は、子どもの…続きはこちら

2002_0327_174138AA.JPG

夜間に具合が悪くなった、そんな時に専門家がアドバイス

今すぐ受診は必要?「小児救急電話相談」#8000

小さな子どもが、休日や夜間などに急に具合が悪くなった場合に悩ましいのが、「様子を見て大丈夫か(朝になってから医者に連れて行けばいいか?)」あるいは「今すぐ救急診療を受けたほうがいいのか?」の判断。…続きはこちら

IMG_4278.JPG

大雪・台風・豪雨!列車が遅延や運休したらどうなる?

運休・遅延の場合の対応について(JR編)

自然災害などで列車が運休や遅延する場合の対応は、各社ホームページでも案内があります。 ただ、旅行者にわかりにくいところもあるので、よくあるケースについて、ここではご紹介しておきます。 ケース1…続きはこちら

NT02.JPG

旅行直前・旅先で~子どもの急な発熱どうする?

旅で気になる、赤ちゃん&子どもの体調管理とキャンセル料

何はともあれ予防が第一~ まずは出発前には、十分な睡眠を心がけ、それ以外は、いつも通りの生活を心がけることが重要。 また旅先では、気候にあわた服装、体温調整しやすい服装を心がけしっかり準備を。…続きはこちら

NT05.JPG

子どもと一緒にかけがえのない経験を

旅先で、子ども一緒にLet's旅育【小学生編】

授業の応用学習は旅で! 旅の中では、「学校で習った学習がどう役立つのか?」ということが体験できる機会が多いもの。 例えば算数なら、きっぷを買う時に家族で合計いくらかを聞いたり、お土産を買っ…続きはこちら

旅行ノウハウ
  • 計画編
  • 準備編
  • 移動編
  • 旅先編
  • 思い出編
家族deたびいくへようこそ!
運営者プロフィール 家族deたびいくへようこそ
家族deたびいく_写真館

mikihouse.jpg

このページのTOPへ