【和歌山県】南海電鉄高野線~こうや花鉄道「天空」へ|家族旅行・旅育のプロがおすすめ|家族deたびいく
トップ  >  全国厳選旅行レポート  >  【和歌山県】南海電鉄高野線~こうや花鉄道「天空」へ
全国厳選旅行レポート
  • シェア
  • Check

車内も車窓も素敵な列車

掲載日:2010年11月02日

【和歌山県】南海電鉄高野線~こうや花鉄道「天空」へ

赤ちゃん: 幼児: 小学生: 電車好きのお子さんに。車内で蛙を探してみよう!
両親のにっこり度: 女性にもお勧め!木の内装が素敵な列車♪
IMG_1592.JPG

世界遺産である高野山の麓、橋本駅から極楽橋駅までを運行する列車が「天空」。極楽橋までは、大阪の難波駅から特急「こうや」でそのまま行けるのですが……ぜひ時間があればお試しいただきたいと思います。全長19.8km、標高差443m。ゆったりのんびりと進む列車は 、内装に木材を多く利用し(椅子は杉、床・机などもそれぞれ違う木材を利用しているとか)、大きな窓からはパノラマビューが楽しめます。

窓のないオープンな展望車両や畳のフリースペースもあり、親子で車中を楽しめそうです。トンネルも多く(なんと24個)数を数えるのも楽しいですし、シートやブラインドに隠れている高野山に生息する「モリアオガエル」を探したりして遊ぶのもよさそうですよ。(写真b.c)

 

景色をながめ優雅な雰囲気の車中ですが、実は天空が走る区間は急勾配!見た目の優雅さとは違って、頑張って走っているんですよ。
さらに、驚くのはこの高野山までの路線は、1930年(昭和5年)に開業したのだとか。なんと80年前です!

 

私が訪れたのは秋でしたが、春は新緑も美しく景色も一段と華やかになるとか。冬の高野山も雪景色が綺麗で独特のよさがあるとのことでしたが、ご家族連れなら気候のよい春から夏がオススメですね。沿線の途中にも、真田幸村の縁の地、九度山など見どころがありますので、立ち寄ってみるのも◎。

 

なお、天空は1日2往復で予約制。季節により運行日は異なりますので事前にチェックをお忘れなく。
南海のホームページには番号付きの見取り図があるので好みの座席がある場合には、こちらを見ながら予約をしましょう。(ホームページには座席指定は不可とありますが)空いていれば融通はきくようです。)家族で個室感覚が味わえるコンパートメント(写真d)やトンネルの出入りを楽しめる先頭車両の席がオススメです。乗車10日前の午前9時予約開始です。詳しくは天空のホームページからどうぞ。

 

写真(a):天空車内。念願の天空に乗車できて嬉しい~!
写真(b):モリアオガエル、こちれはブラインドにいます
写真(c):トンネルには番号が入り口にあるので、車内の案内と合わせてみると現在地がわかります
写真(d):コンパートメント席。プライベートな感覚で利用できます。

 

 

【写真a】

640IMG_1633.jpg

【写真b】

IMG_1624.jpg

【写真c】

IMG_1625.jpg

【写真d】

IMG_1644.jpg

旅行の記録

レポート目次 IMG_1598.JPG 電車好き、歴史好きのパパ&ママ、小学生にオススメ
展望列車「天空」&高野山で歴史を体感
関連リンク

南海電鉄:http://www.nankai.co.jp/
天空ホームページ:http://www.nankaikoya.jp/tenku/index.html

関連記事

IMG_1465.JPG

子ども連れもOK。朝のお勤めで清らかに

【和歌山県】高野山内のオススメ宿坊「普賢院」

夜と朝はヘルシーで美味しい精進料理でボリュームも満点です。子どもの場合は、精進料理はまだ難しいとのことでハンバーグなども準備してくれるそうです。そして…続きはこちら

おすすめ記事

IMG_0677.JPG

わざわざ乗りにでかけたい

【和歌山県】かわいい♪たま電車に大人も子供も夢中

一日乗車券を買い、いざ和歌山電鉄へ。新聞でもお披露目時には大きな話題になってた”たま電車”。実は我が家は一口だけですがサポータ…続きはこちら

旅行ノウハウ
  • 計画編
  • 準備編
  • 移動編
  • 旅先編
  • 思い出編
家族deたびいくへようこそ!
運営者プロフィール 家族deたびいくへようこそ
家族deたびいく_写真館
このページのTOPへ