【兵庫県】天空の白鷺~姫路城大天守修理見学施設|家族旅行・旅育のプロがおすすめ|家族deたびいく
トップ  >  全国厳選旅行レポート  >  【兵庫県】天空の白鷺~姫路城大天守修理見学施設
全国厳選旅行レポート
  • シェア
  • Check

2011年3月26日オープン!

掲載日:2011年03月26日

【兵庫県】天空の白鷺~姫路城大天守修理見学施設

赤ちゃん: 幼児: 小学生: 小学生の歴史の勉強にもお勧め。巧みの技を感じる
両親のにっこり度: 歴史・建物好きのパパ&ママにお勧めの期間限定の施設
IMG_4884.JPG

2010年春から大天守の見学を中止して素屋根の建設が進められていました。今回はその素屋根の一部を活用した修理見学施設【天空の白鷺】がオープンすると聞き訪れました。エレベータを利用して、あっという間に素屋根の上部8階へ。姫路城の屋根がすぐそこです!

歴史、建物好きの方は必見。お子様の歴史の勉強にもお勧め(写真は大天守の周りに建てられた素屋根。姫路城の絵が描かれています。上の方の白い部分が”天空の白鷺)”

わくわくしながら、城に向かうと、今回特別公開されているりの一渡櫓があります。中には前回の昭和の大修理の際に発見された古い瓦や甲冑などの展示も。外側には歴代の、しゃちほこの姿。一番奥の昭和時代のものは、張りぼて。実物はこれから訪れる姫路城大天守の上にあります!(写真a)

 

 

エレベータは2基。シースルーになっていてお城のそばを上昇。これが結構迫力があって面白いです。

そして到着したのは8階の屋根の修理見学ができる場所。
ガラスから10M先には姫路城の屋根。そばで見ると確かに老朽化しているのがよくわかります。
ここから古い瓦を取り除き、基礎をきれいにして、瓦の吹き替えをしていくようです。

 

 

400年前と修復作業はかわらぬ技法で、匠の技が見学できるとのこと。今はまだ調査中のようですね。
「お城の屋根ってまっすぐじゃないんだね」と息子。少しカーブを描いています。こんなアングルからみることがないので、新鮮な発見があるかも。

反対側には、展望スペースもありお城目線の絶景を写真におさめる人の姿も。
階段でひとつ下ると7階に。ここでは壁の修復の様子が見れるとのこと。
今回は作業はしていませんでした。

 

エレベータをくだると資料コーナーがあります。
こちらは瓦の吹き替えの様子を、模型で表したもの。このういった模型をみながら説明すると子供も理解しやすいかも。

 

石垣もこうやって見ると結構迫力がありますね。
天空の白鷺自体の見学は、1時間もあれば十分かと。
ただしお城の入り口から天守閣まで結構歩くのと、見学施設の開始とともに、大天守の中の見学も一部再開したようです。
周辺には、安藤忠雄の建築も素敵な姫路文学館や、レンガ造りが美しい姫路市立美術館などもあり、知的好奇心や建築に興味のある方にはお勧めですよ。

天空の白鷺は、個人の場合は1ヶ月前から見学の予約受付が開始となります。
当日券もあるようですが、できれば予約した方がスムーズ。オープンは向こう3年間の予定です。

修復作業が進むと見学内容も変化するので、時間をおいて、また訪れてみたいと思います。

 

 

 

【写真a】

IMG_4887.JPG

【写真b】

IMG_4913.JPG

【写真c】

IMG_4917.JPG

【写真d】

IMG_4935.JPG

【写真e】

IMG_4938.JPG

旅行の記録

レポート目次 IMG_4881.JPG 国宝で歴史を学ぶ旅
世界遺産姫路城の修理の様子を見学に
関連リンク

■天空の白鷺 http://himejijo-syuri.jp/

関連記事

IMG_4973.JPG

姫路の観光に欠かせない

【兵庫県】好古園~季節の庭と姫路名物のランチを

姫路城の見学施設”天空の白鷺”を見学したら、隣接した好古園へ。 ここは時代劇のロケ地などにもなっている場所で、3.5haの園内…続きはこちら

旅行ノウハウ
  • 計画編
  • 準備編
  • 移動編
  • 旅先編
  • 思い出編
家族deたびいくへようこそ!
運営者プロフィール 家族deたびいくへようこそ
家族deたびいく_写真館
このページのTOPへ