【青森県】奥入瀬渓流ホテル~ラウンジ森の神話~|家族旅行・旅育のプロがおすすめ|家族deたびいく
トップ  >  全国厳選旅行レポート  >  【青森県】奥入瀬渓流ホテル~ラウンジ森の神話~
全国厳選旅行レポート
  • シェア
  • Check

素敵な空間で過ごす休日

掲載日:2011年06月30日

【青森県】奥入瀬渓流ホテル~ラウンジ森の神話~

赤ちゃん: 幼児: 小学生: 息子のお気に入りはリンゴンのクリスタル♪
両親のにっこり度: 上質な森のリゾートを満喫
IMG_7572.JPG

奥入瀬渓流ホテルのエントランスをくぐると正面にみえるのが、ラウンジ森の神話。岡本太郎氏の作品『森の神話』が。圧巻です

【写真a】岡本氏の作品『森の神話』を囲み、渓流を望むラウンジは、吹き抜けになっていて開放感抜群!朝は5時から営業し、ハーブティーや、新しく登場したお酢バーが人気です。お昼には、『奥入瀬リンゴカレー』を。ルーにリンゴを使っているのはもちろん、ご飯にもリンゴを炊き込んでいるとか。甘みのある熟成された味わいが美味、


【写真b】湧水を利用した珈琲は要望に応じて、ミルをひくところから拘ることも可能。


【写真c】リンゴのクリスタルは、恐らく息子が一番好きなケーキです。りんごチップは、長い時間かけて薄いチップに仕上げられ見た目も味も格別。昨年食べて以来、ときどき思い出しては、『リンゴノクリスタル食べたいなあ』と息子。念願が叶いました。


【写真d】
今年は、岡本太郎生誕100周年をうけて太郎の作品をモチーフにしたスイーツが登場。その名も『TARO』、


【写真e】
こちらは、お酢。リンゴ酢やマンゴー、バナナ酢などオリジナルのお酢を、湧水、ソーダー、牛乳などお好みで割って頂きます。女性にはブルーベリーの湧水割りが色もきれいでお勧めとのこと。子供は、牛乳割が飲みやすいとのことで、息子も挑戦。

ゆったりした環境で緑を愛でながらゆったりとした時をすごすのにはぴったり。

宿泊者は勿論、日帰りでの利用もオーケーです。

入浴とランチ、あるいは入浴とスイーツのセットはそれぞれ1500円。奥入瀬を散策した後の休憩としてもお勧めですよ。

【写真a】

250-IMG_7568.jpg

【写真b】

IMG_7606.JPG

【写真c】

IMG_7615.JPG

【写真d】

250-IMG_7616.jpg

【写真e】

250-IMG_7570.jpg

旅行の記録

関連リンク

■奥入瀬渓流ホテル http://www.oirase-keiryuu.jp/

関連記事

IMG_7537.JPG

日本経済の父、渋沢栄一氏の私邸をめぐる

【青森県】渋沢浪漫ツアー~素敵なティータイムも

【写真a】日本の資本主義の父ともいわれる渋沢栄一氏。その一族の私邸が実は広ーい青森屋の敷地内にあり、六戸町登録文化財に指定されています。移築後公開はし…続きはこちら

おすすめ記事

IMG_00671.jpg

合言葉は「のれそれ青森!」(めいっぱい、全力で!)

【青森県】青森の魅力を凝縮!小牧温泉~青森屋

息子と二人で訪れた小牧温泉~青森屋。青森の歴史・文化・自然をぎゅぎゅっと濃縮したファミリーにお勧めの宿。季節それぞれで趣向がを凝らしたアクティビティや…続きはこちら

IMG_0181.JPG

自分で採った野菜が朝食に!

【青森県】宿で食育体験!朝もぎまんまin青森屋

集合時間にロビーへ行くと、「よろしければ汚れやすいですし御着替えがあります」ということで、モンペと長靴姿に。勿論着替えはしなくてもいいのですが、どうせ…続きはこちら

IMG_0258.JPG

野外のアート広場も必見!街全体が美術館

【青森県】子どもの創造力を育む!十和田市現代美術館

平成20年のオープンから噂を聞いて、訪れたいと思っていた十和田市現代美術館。入り口にあるチェ・ジェンファ氏作のフラワーホース(写真a)は、美術館の象徴…続きはこちら

IMG_7578.JPG

今年の夏も暑いらしい?

一足お先に♪ 涼しい青森で自然満喫

6月というのに猛暑日となった日。夏の避暑目的の旅先として気になっていた宿に一足お先に行ってきました。滞在したのは『青森屋』と『奥入瀬渓流ホテル』。以前…続きはこちら

旅行ノウハウ
  • 計画編
  • 準備編
  • 移動編
  • 旅先編
  • 思い出編
家族deたびいくへようこそ!
運営者プロフィール 家族deたびいくへようこそ
家族deたびいく_写真館
このページのTOPへ