【福島県】五色沼ガイドウォークin裏磐梯猫魔ホテル|家族旅行・旅育のプロがおすすめ|家族deたびいく
トップ  >  全国厳選旅行レポート  >  【福島県】五色沼ガイドウォークin裏磐梯猫魔ホテル
全国厳選旅行レポート
  • シェア
  • Check

なんともいえない美しい景色に感動!森の営みを体感♪

掲載日:2011年11月10日

【福島県】五色沼ガイドウォークin裏磐梯猫魔ホテル

赤ちゃん: 幼児: 小学生: 子供にも歩きやすい遊歩道。ネイチャーガイドの話に家族で頷く
両親のにっこり度: 神秘的な沼の色に感動。写真好きにはたまらない
IMG_2679.JPG

はじめて訪れた裏磐梯。紅葉は終わりかけでしたがマイナスイオン漂う森を歩くのはとても気持いい。今回はホテルのアクティビティに参加。ネイチャーガイドの方と散策しました。

今回は滞在先の裏磐梯猫魔ホテルのアクティビティに参加。9時にホテルを出発し1時間15分ほどの散策になります。
五色沼の散策コース入り口まではホテルからすぐ。遊歩道は全長3.6キロですが、このプログラムでは、柳沼、青沼と瑠璃沼までいき折り返すコース。

ちなみに五色沼という名前の沼はなく、この辺りにある200数個の沼の総称だとか。木立が美しいです。 


 

 【写真b】
ここでみているのは熊のあしあと。この辺りもクマが結構生息するのだとか。
ちなみにクマにあった時には死んだふりは駄目。目を合わせたままま静かに後づさりするのが正解。

「目をあわせたまま?」と聞くと、目があっているうちは対等なのだとか。
目をそらしたら・・・・・負けをみとめる(=襲われる可能性も!)
よく、覚えておこうっと。

※熊は臆病なので、普通に遊歩道を歩いていれば安全です


 

【写真c】
「青沼」に到着。思わず歓声をあげてしまうくらい、不思議な水の色です。
「今日はかなりいい色してますよ」とはガイドの池田さん。含まれる鉱物の関係でこんな色になるそうですが、天気などによっても見え方は随分違うそう。

四季折々変わる景色が楽しめるとのことで、冬場はスノーシューで雪に囲まれた沼をみるとか。ロマンチックだろうなあ。

 


 

 【写真d】
ところどころ紅葉がまだ残っています。
ここでは、「葉っぱの一枚」の定義をお勉強。葉っぱは紅葉し落ちる状態が一枚なのだとか。
何枚かの集まったように見える葉っぱも、そのまま落ちればそれが1枚という単位になるそうです。

そして、なんだか森から、「わたがし」のような甘い香りしてきます。こちもある木が紅葉すると発生する匂いとのこと。
ここでは種明かしはしないでおきましょう


 

【TOP写真】
折り返し地点の瑠璃沼に到着。ここは紅葉も少し残っていて、絵のような風景が広がっています。写真好きの方にはオススメ!

【写真e】
ご案内頂いた ナチュラルビズの代表池田さんと。
今回ご紹介した以外にも、いろいろなことを教えて頂きました。少々朝ということでエンジンがかからない息子にかわり、質問をして興味深々だったのが夫。歴史は得意ですがアウトドアは苦手な夫。こういった親が苦手な分野は、専門家の方にお願いすると親子ともども大変に勉強になりオススメです。
五色沼の遊歩道は、歩きやすく整備され、裏磐梯猫魔ホテルからなら青池ぐらいまでは、小さなお子さんでも大丈夫かと思います。ただし靴は歩きやすいものを準備してくださいね。

裏磐梯は初めておとずれましたが、夏は避暑にも良さそうです。冬はスノーシューのプログラムがあるとのことで、話を聞いていると銀世界の五色沼も是非見てみたくなりました。
まもなくウィンターシーズン到来ですが、今回滞在した裏磐梯猫魔ホテルまでは東京駅から直行バスがあり、なんと往復で5000円 (こども2500円)でアクセスOK。冬の山はアクセス面でハードルがあがりますが、これならお財布にも優しく安心です。パウダースノーのスキー場も近くにありますよ。

【写真a】

250-IMG_2660.jpg

【写真b】

IMG_2659.JPG

【写真c】

IMG_2671.JPG

【写真d】

IMG_2690.JPG

【写真e】

IMG_2674.JPG

旅行の記録

関連記事

nekomaspa.jpg

四季折々の魅力満点。東京から直行バスも便利

【福島県】裏磐梯猫魔ホテル~ペントハウスのあるデラックスツイ……

今回宿泊した裏磐梯猫魔ホテルへは、猪苗代駅からは無料送迎バスが、東京駅からは往復5000円で直行バスが運行していて、アクセスも便利&リーズナブル。 こ…続きはこちら

IMG_2598.JPG

穴場の美術館。ダリの彫刻に出会う。カフェもオススメ!

【福島県】裏磐梯~ダリの世界にようこそ!諸橋近代美術館

【写真a】 外観はまるでヨーロッパのお城。庭も手入れが行き届き絵になります。 中は、撮影禁止なのですが。有数のダリの彫刻を中心とした作品が圧巻です。 …続きはこちら

IMG_2907.JPG

伝統工芸からラーメンまで!

【福島県】会津で伝統工芸のあかべこ製作+プチ体験いろいろ

  【写真a】雨なので、何かインドアの体験を……ということで向かったのは、体験ひろば”番匠&rdqu…続きはこちら

IMG_2525.JPG

猪苗代湖畔の高台にある洋風ルネッサンス建築

【福島県】天鏡閣で明治時代にタイムスリップ 

猪苗代湖から少し高台にのぼった木立の中にある天鏡閣。まず出迎えるのは…こちらの門(a)レンガ造りの柱門は、ドラマに出てくるようなお屋敷の…続きはこちら

旅行ノウハウ
  • 計画編
  • 準備編
  • 移動編
  • 旅先編
  • 思い出編
家族deたびいくへようこそ!
運営者プロフィール 家族deたびいくへようこそ
家族deたびいく_写真館
このページのTOPへ