【福島県】裏磐梯~ダリの世界にようこそ!諸橋近代美術館|家族旅行・旅育のプロがおすすめ|家族deたびいく
トップ  >  全国厳選旅行レポート  >   【福島県】裏磐梯~ダリの世界にようこそ!諸橋近代美術館
全国厳選旅行レポート
  • シェア
  • Check

穴場の美術館。ダリの彫刻に出会う。カフェもオススメ!

掲載日:2011年11月18日

【福島県】裏磐梯~ダリの世界にようこそ!諸橋近代美術館

赤ちゃん: 幼児: 小学生: クイズブックで楽しくまわった後は、外で思い切り遊んじゃおう
両親のにっこり度: あのダリの作品を集めた知る人ぞ知る有数の美術館
IMG_2598.JPG

福島県は裏磐梯。

ここに知る人ぞ知る美術館が。あの有名なダリの彫刻が圧巻の諸橋近代美術館。

冬季は休業ですが、ぜひ裏磐梯の自然探索の合間に訪れたい美術館です

【写真a】

外観はまるでヨーロッパのお城。庭も手入れが行き届き絵になります。

中は、撮影禁止なのですが。有数のダリの彫刻を中心とした作品が圧巻です。

 

 

 


 

【写真b】

こちらはカフェ。ここは写真OKとのことでパチリ。

ダリの大きな写真が飾られて、家具のセンスも抜群。雰囲気がいいカフェ、そしてミュージアムショップは美術館の利用者以外も利用OKです。

窓からは磐梯山も綺麗にみることができます。

 


 

【写真c】
食器やショップカードもダリの作品があしらわれお洒落。

ちなみに頼んだトラジャ珈琲。お値段は280円とお財布にも優しい。

 


【写真d】

館内は、無料の音声案内を借りることができますが、これ作品の理解を深めるのにオススメです。

子ども用には、クイズブックが用意され、回答をするには作品をじっくりと観察しなくてはいけません。

表紙がオレンジ色のものは小学生用、緑色は中学生用とか。

こういった子供用の案内は、子供向きにわかりやすく解説もされていて、クイズをしながら自然に作品に触れることになるので、旅育にもgood。

ダリの作品は、ご存知の通りちょっと不思議な雰囲気。

それでいてコンセプトがしっかりしているので、こういったクイズブックを利用して回ると、子供の理解力も高まるような気がします。

私はダリの絵画作品は知っていたのですが、こんなにも彫刻を残していることは今回初めて知りました。館内の作品からは、奥様を熱烈に愛していたことも伝わってきて、ちょっっと羨ましい気も。


【写真e】

美術館自体の規模は大きくはないですがダリの作品を集めた美術館としては、世界有数の規模とか。

またダリ以外の欧州の有名画家の作品も多く、まさに穴場の美術館です。

是非ご自身の目で、お確かめください。

なお、12月1日から4月半ばまでは休館となります。温かい春に訪れるのもよさそうです

 

【写真a】

IMG_2579.JPG

【写真b】

IMG_2589.JPG

【写真c】

IMG_2586.JPG

【写真d】

IMG_3142.JPG

【写真e】

IMG_3098.JPG

旅行の記録

レポート目次 IMG_2559.JPG 震災、原発問題を将来に渡り考える為に
福島県へ。自然・食・文化の魅力を親子で体感
関連リンク

財団法人 諸橋近代美術館

関連記事

nekomaspa.jpg

四季折々の魅力満点。東京から直行バスも便利

【福島県】裏磐梯猫魔ホテル~ペントハウスのあるデラックスツイ……

今回宿泊した裏磐梯猫魔ホテルへは、猪苗代駅からは無料送迎バスが、東京駅からは往復5000円で直行バスが運行していて、アクセスも便利&リーズナブル。 こ…続きはこちら

IMG_2907.JPG

伝統工芸からラーメンまで!

【福島県】会津で伝統工芸のあかべこ製作+プチ体験いろいろ

  【写真a】雨なので、何かインドアの体験を……ということで向かったのは、体験ひろば”番匠&rdqu…続きはこちら

IMG_2679.JPG

なんともいえない美しい景色に感動!森の営みを体感♪

【福島県】五色沼ガイドウォークin裏磐梯猫魔ホテル

今回は滞在先の裏磐梯猫魔ホテルのアクティビティに参加。9時にホテルを出発し1時間15分ほどの散策になります。五色沼の散策コース入り口まではホテルからす…続きはこちら

IMG_2525.JPG

猪苗代湖畔の高台にある洋風ルネッサンス建築

【福島県】天鏡閣で明治時代にタイムスリップ 

猪苗代湖から少し高台にのぼった木立の中にある天鏡閣。まず出迎えるのは…こちらの門(a)レンガ造りの柱門は、ドラマに出てくるようなお屋敷の…続きはこちら

旅行ノウハウ
  • 計画編
  • 準備編
  • 移動編
  • 旅先編
  • 思い出編
家族deたびいくへようこそ!
運営者プロフィール 家族deたびいくへようこそ
家族deたびいく_写真館
このページのTOPへ