【島根県】出雲大社後は玉造温泉へ。散策も楽しい温泉地|家族旅行・旅育のプロがおすすめ|家族deたびいく
トップ  >  全国厳選旅行レポート  >  【島根県】出雲大社後は玉造温泉へ。散策も楽しい温泉地
全国厳選旅行レポート
  • シェア
  • Check

出雲大社にお参りしたら、美肌の湯、玉造温泉へ

掲載日:2013年01月11日

【島根県】出雲大社後は玉造温泉へ。散策も楽しい温泉地

赤ちゃん: 幼児: 小学生: 勾玉を探しながらの温泉街散策は楽しい~!
両親のにっこり度: 美肌の湯で、ママはニッコリ!
400-IMG_3166.jpg

2015年5月には、出雲大社の平成の大遷宮「本殿遷座祭」が行われるとあって、いつもにも増して注目の高い出雲。宿泊は温泉で…という方は、玉造温泉はいかが? パワースポットも多く女性向け・・・と思いきや、子どもにも楽しい温泉街です。

美肌の湯として知られる玉造温泉。出雲風土記には「一度洗えばお肌もしっとりすべすべ、二度入ればどんな病気や怪我も治ってしまう。その効能が効かなかったという話は聞いたことがないので、世の人々は「神の湯」と呼んでいる」と記されているとか。温泉街を流れる玉作川沿いには、神話の場面の像が立っていて、探しながらの散策も楽しい!今回は親子で楽しめる温泉街の散策スポットを紹介します。【写真topは、因幡の白兎】


玉造温泉という名は、もともと近くからとれるメノウ石から、勾玉を作るのが盛んだったためとか。その為、至る所に「勾玉のデザイン」を見ることができます。

【写真a】橋にも勾玉が!その名も「まがたま橋」

【写真b】マンホールだってこの通り

【写真c】

そして、川の中にも、勾玉があります。真ん中の石は、青メノウの原石で触ると幸運があるとのこと。ちょっと子供には難しそうかも?

勾玉は、3種の神器にも含まれていましたが、魔除け、お守りとして古くから身に着けられてきたもので権力の象徴ともいわれます。

独特のフォルムは、お子様にも覚えやすいはず。他にも沢山の勾玉のデザインのものがあるので、神話の像と一緒に、見つけながら散策するのも楽しそうです。

また、川沿いには、足湯や広場などの休憩スポットもあり、そこには何やら不思議な社が……。扉を開けると…実はいろいろなものを販売している無人販売所になっています。

 


【写真d】

湯薬師広場にある社の中は、「美肌ボトル」と書かれた何も入っていないボトルがありました。
200円で購入したら、湧き出る温泉を中に入れてお土産に。天然の化粧水として利用Okなそう(ただし3日ほどで使い切る事が必要です)

 


【写真e】

玉造湯神社には、「願い石」という石の神様もいらっしゃって大人気。

他にも、「恋の来る井戸」(社で鯉の餌を購入し、川で泳ぐ鯉に餌を上げられるスポット)など、楽しい恋愛成就のスポットも。

これ、若い女性だけではなく、既婚でも何だかワクワクして楽しいです。私は夫婦円満を願って帰ってきました。

まだかなり早いけれど、お子様の良縁をお祈りしてみるのもいいかもしれません!!?

 

【写真a】

400-IMG_3176.jpg

【写真b】

400-IMG_3214.jpg

【写真c】

400-IMG_3210.jpg

【写真d】

400-IMG_3183.jpg

【写真e】

400-IMG_3200.jpg

旅行の記録

関連記事

IMG_3118.JPG

出雲大社と一緒に訪れたい

【島根県】島根県立古代出雲歴史博物館&しまねっこ

出雲大社から歩いてアクセスが可能な島根県立古代出雲歴史博物館。ガラス張りのお洒落な建物の中には、出雲の敵視が詰まっています。 展示の中でも目をひくのが…続きはこちら

IMG_2987.JPG

東京駅を22時に出発。お洒落な寝台特急へ

【横浜⇒出雲】寝台特急サンライズ出雲に乗車

横浜駅出発時間は22時24分。まさに仕事帰りの会社員で混雑する通勤列車に交じって、東海道線のホームに、サンライズ出雲&サンライズ瀬戸(終点高松)が連結…続きはこちら

旅行ノウハウ
  • 計画編
  • 準備編
  • 移動編
  • 旅先編
  • 思い出編
家族deたびいくへようこそ!
運営者プロフィール 家族deたびいくへようこそ
家族deたびいく_写真館
このページのTOPへ