【富山県】リバーリトリート雅楽倶へ。子連れで優雅な休日|家族旅行・旅育のプロがおすすめ|家族deたびいく
トップ  >  全国厳選旅行レポート  >  【富山県】リバーリトリート雅楽倶へ。子連れで優雅な休日
全国厳選旅行レポート
  • シェア
  • Check

ホスピタリティに優れた、アートでラグジュアリーな宿

掲載日:2014年09月20日

【富山県】リバーリトリート雅楽倶へ。子連れで優雅な休日

赤ちゃん: 幼児: 小学生: 子どもの五感を刺激する遊び心も満載
両親のにっこり度: 身も心も癒される。すべてにパーフェクト
IMG_8086.JPG

2008年訪問。館内はアートな洗練された空間で子連れには敷居が高い印象を受けますが、非常にスタッフの方のホスピタリティが素晴らしく快適。

憧れのリバーリトリート雅楽倶へ到着。エントランスを見て「子ども連れで大丈夫?」と心配そうな夫。中へ入ると、吹き抜けの開放的な空間に神通峡の美しい景色、置かれた家具はイタリア高級家具カッシーナ(写真a)。私はテンションが高まり、夫は不安を高めますが…。

そんな不安もウェルカムドリンクを持ってきてくれたスタッフのおかげで、どこへやら。息子に「図書館があって、絵本もあるから行ってみてね」と優しく笑顔で語りかけてくれる。実にフレンドリーです。


【TOP写真】こちらの宿はスイートの客室がメインですが、我家は一番リーズナブルなスタンダードルームを選択。それぞれにテーマがあり、どれにしようか迷った末に「ラグの間」を予約。床、天井、照明に至るまで籐が使われており、優しい雰囲気。冷蔵庫には、特製プリンが3つ冷やされていて(※ちゃんと息子の分もありました)、早速頂いたのですが……これが美味。お部屋からの景色も素晴らしく、のんびりと外を眺めるだけでも幸せ。

一点だけ子連れの注意点は、ベッドのサイズは正味シングルサイズ。小さなお子様でもエキストラベッドはお願いしないと辛そうです。我家は大丈夫かなと添寝でお願いしましたが、客室を見て急遽エキストラベッドをお願いしました。(※お部屋によっても違う可能性があるので、詳細は宿に確認を)


【写真b】部屋も居心地がいいのですが、館内は公共の施設も多いというので散策へ。最初はスタッフの方にすすめられた、ライブラリー。心地よい大人の空間の一角に、「ぐりとぐら」の絵本などが置かれたスペースを発見。子ども用に丁度良い可愛い小さな椅子が置かれているのもキュートでした。他にもアート作品が至る所にあり、美術館のようです。


【写真c】外にも散策路があり、美しい自然と彫像などの作品が楽しめます。かなり広い敷地ですが、隅々まで綺麗に掃除が行き届いているのに感心。館内もアート作品が沢山あるのですが、面白くわかりやすいものも多く、子供の五感も刺激されます。「見て!見て!」という息子の嬉しそうな声を何度も滞在中に聞きました。


【写真d】スタンダードの客室にはお風呂がないので、夫と息子は大浴場、私は宿泊者専用のスパへ。スパはサウナにジャグジー、炭酸泉のお風呂、屋外には神通峡に面した温泉がある極上の空間です。写真は男女共用のリラクゼーションスペース。宿泊者は無料で利用でき、お洒落で開放的な空間は、ママ&パパの癒しにぴったりです。


【写真e】子ども用の作務衣や、アメニティ、食事も準備があり安心。夕食は子ども連れというのもあってか、個室を準備してくださりました。

価格はスタンダードな客室でも、2万円代後半からとラグジュアリーですが、満足度は非常に高いです。富山空港からは車で15分とアクセス至便。ふっと日常から離れて心身のメンテナンスをしたくなった時、記念日や、お子さんとゆっくりとした時間を過ごしたい時などに、おすすめです。

実はこちらの宿、夫がとても気に入り、男性にもよさそうですよ。

【写真a】

IMG_8069.JPG

【写真b】

400-IMG_8207.jpg

【写真c】

400-IMG_8262.jpg

【写真d】

400-IMG_8109.jpg

【写真e】

400-IMG_8134.jpg

旅行の記録

レポート目次 114top.jpg ちょっと意外なほど子ども連れに優しい
自然と芸術と温泉に癒される~ママもにっこりの宿
関連リンク

リバーリトリート雅楽倶

関連記事

旅行ノウハウ
  • 計画編
  • 準備編
  • 移動編
  • 旅先編
  • 思い出編
家族deたびいくへようこそ!
運営者プロフィール 家族deたびいくへようこそ
家族deたびいく_写真館
このページのTOPへ