【愛媛県】観光列車「伊予灘ものがたり」で朝食を。松山~伊予大洲|家族旅行・旅育のプロがおすすめ|家族deたびいく
トップ  >  全国厳選旅行レポート  >  【愛媛県】観光列車「伊予灘ものがたり」で朝食を。松山~伊予大洲
全国厳選旅行レポート
  • シェア
  • Check

景色をのんびり楽しみながら観光列車で朝食を

掲載日:2014年11月15日

【愛媛県】観光列車「伊予灘ものがたり」で朝食を。松山~伊予大洲

赤ちゃん: 幼児: 小学生: 列車と思えない空間に子どももびっくり
両親のにっこり度: 景色を楽しみながら地元のお料理を頂く上質な時間を満喫
iyonada.jpg

2014年は観光列車、特に食事を車内でいただけるものが続々オープン。今回は2014年夏に運行を開始したJR四国の観光列車「伊予灘ものがたり」に乗車する為に、家族で四国へ行ってきました。

松山駅を9時10分に出発する伊予灘ものがたり大洲編に乗車。1号車の外観は、伊予灘に沈む夕日をイメージした茜色を基調に、和座椅子を設けた和モダンなデザイン。

【写真top・a】
海を向いた座席、山側には二人がけのテーブル、そして4つだけですが4人用テーブルがあります。我が家は3名なのでどうしようかと思い問い合わせをしたら、4人用のテーブルは、3名で予約OKとのこと(※相席にはならないそうです)。
今回予約した1号車7番のテーブルは松山発の場合は先頭で、おススメです(写真には写っていませんがテーブルを挟んで向かい側にもう2席あります。)近くの棚には沿線の工芸品などの展示も。2号車は、板張りの床に洋風のソファーで少し明るい印象の内装です。


【写真b】
ちなみに松山駅では、乗車口に赤い絨毯が準備され伊予灘ものがたりが入線するのを待ちます。そして客室乗務員の出迎えで乗車。途中見所では徐行しながら、景色の説明なども車内でアナウンスされます。


【写真c】
乗車時間は1時間半弱の為、発車すると間もなく食事の提供が始まります。乗る列車によりメニューは決まっていて、大洲編は、道後やや・ヨーヨーキッチン!(松山市)が、自社農園で採れた野菜をモーニングプレートで提供(2500円)。


【写真d】
息子にどんなメニューなのと聞かれて、ホームページに乗っていた写真から「サラダにオムレツ、ヨーグルトもあったと思う。洋食だよ……」といっていたのですが出てきたのはなんと和食。どうも11月からメニューが変更になったよう。これには少々びっくりしましたが、野菜一杯の健康的なお食事を存分に頂きました。ちなみに食事はオプションで事前に予約が必要。飲み物やデザートは当日販売しています。


【写真e】
途中から海辺を走行するので、天気がよければ素晴らしい景色を堪能できます。この日は曇天でちょっと残念でしたが、最後は車内で乗車記念ボードとともに記念撮影をしてくださります。あっという間に伊予大洲へ到着。短い旅でしたが堪能。


これでお値段は、乗車券:1090円  特急券:980円 で合計2070円。朝食(オプション2500円)をつけても4570円と、食事付の観光列車としては手頃な価格も魅力です。車内は意匠が凝っていて、カメラをもって撮影しているお子さんの姿も。テーブルを家族だけで囲めるのも嬉しいですね。ただ子どもメニューはないので、小さなお子様はカフェのメニューなどをお願いしてもいいかなという印象です。また予約の際は、HPに座席配置図が掲載されているので、それを持っていき希望の席を伝えると便利です。

【写真a】

640-IMG_0538.jpg

【写真b】

iyonada3.jpg

【写真c】

iyonada2.jpg

【写真d】

iyonada4.jpg

【写真e】

iyonada5.jpg

旅行の記録

レポート目次 IMG_0952.JPG 伊予灘ものがたりから、瀬戸内の島へ、マッサンで賑わう竹原も
瀬戸内海満喫~観光列車・フェリー移動を楽しむ旅
関連リンク

伊予灘ものがたり

関連記事

640-IMG_0812.jpg

4室限定。内子の里山に佇むこだわりの宿

【愛媛県】ファームイン古久里来~里山暮らしを体験

2階の客室は天井が高く、開放感あふれる空間。ツインのベッドに読書に良さそうな椅子が配されていますが、シンプルながらセンスが良く温かみのある客室です…続きはこちら

旅行ノウハウ
  • 計画編
  • 準備編
  • 移動編
  • 旅先編
  • 思い出編
家族deたびいくへようこそ!
運営者プロフィール 家族deたびいくへようこそ
家族deたびいく_写真館
このページのTOPへ