【長崎県】ハウステンボス光の王国&無料ゾーン「ハーバータウン」を満喫|家族旅行・旅育のプロがおすすめ|家族deたびいく
トップ  >  全国厳選旅行レポート  >  【長崎県】ハウステンボス光の王国&無料ゾーン「ハーバータウン」を満喫
全国厳選旅行レポート
  • シェア
  • Check

魅力満載で、幅広い年齢が楽しめるハウステンボス

掲載日:2015年04月12日

【長崎県】ハウステンボス光の王国&無料ゾーン「ハーバータウン」を満喫

赤ちゃん: 幼児: 小学生: 夜の光の王国は夢の世界のよう
両親のにっこり度: イルミネーションやプロジェクションマッピングは見応え十分
640-IMG_1627.jpg

ハウステンボスのイルミネーションイベント「光の王国」へ。想像以上に素晴らしく見応え十分!春からは花も多く咲き魅力もup!ただし園内が広く移動が大変なので、小さなお子様がいる場合は事前にしっかり計画を立てる方がいいですね。園内バスやカナルなどを利用して楽しむといいですよ。チケットも過ごし方で選択を。

世界最大級1100万球を超える輝き・・・・・というハウステンボスのイルミネーション【光の王国】。広い園内の至る所でイルミネーションが輝く様は、夢の国のようで、本当に素晴らしいです。お子様も一面の光の海にきっと喜ぶこと間違いなし!写真は光と噴水の運河。船も運行されており、そこから見るのもよさそうです。


【写真a】光の王国パレードも開催。いい位置で見ようと定刻前にスタンバイ!と思ったのですが、訪れた2月の平日は場所取りは必要なし。パレードは結構長い間、園内を回るので、わざわざ見に行かなくても目にすることができます。


【写真b】スリラー・ファンタジー・・ミュージアムのイルミネーションショー。ホラータウンならではの演出もありますが怖くはないので、大丈夫。


【写真C】プロジェクションマッピングも時間をずらして4カ所で実施。首都圏でこの規模だったら混雑必至ですが、時期もよかったのがストレスなく満喫。園内はヨーロッパ風の街並で昼も夜も散策するだけも楽しく、様々なショップをみてあるくのも楽しいです。春にはチューリップを始め一面の花も楽しめるようで、花と光のコラボはきっと素敵です。
チケットについては、夕方から入場可能な「光の王国パスポート」を利用。園内のアトラクションが一部を除き無料で楽しめるフリータイプのチケットだったのですが。イルミネーションでお腹いっぱいでアトラクションを楽しむ時間が厳しい感じがありました。朝から訪れるのだったら1日フリーパスはいいと思うのですが、特に小さなお子様連れはフリーパスは必要ないかもしれません。お値段等も考えて選択されるといいですね。夕食を食べる時間を惜しんでホテルでお夜食セットを頂き就寝。近くのホテル便利です。


【写真d・e】翌日は時間が中途半端だったので、ハウステンボスのフリーゾーン「ハーバータウン」で楽しむことに。かつては有料ゾーンだっただけに、街並みや海辺の異国情緒あふれる雰囲気が素敵です(※季節や特定日には有料になります)。お土産屋さんやゲーム王国などもありますが、なんといっても目玉は、ワンピースのサニー号のクルーズ(有料:大人1100円、子ども600円)。ワンピース好きな方は勿論ですが、そうでなくても海上のプチトリップは気持ちがよくおススメです。ただし5/6でサニー号は長崎での仕事を終え、愛知県のラグーナハウステンボスへ。お目当ての方は急いで。
久しぶりに訪れたハウステンボスは、魅力がぐーんと増え老若男女それぞれが楽しめるスポットになっていました。でも半日ではとてもまわれず不完全燃焼。近いうちに訪れたいと思います。

【写真a】

640-IMG_1664.jpg

【写真b】

640-IMG_1638.jpg

【写真c】

640-IMG_1721.jpg

【写真d】

640-IMG_1766.jpg

【写真e】

640-IMG_1774.jpg

旅行の記録

レポート目次 640-IMG_1857.jpg 長崎の産業遺産からテーマパーク「ハウステンボス」まで
長崎の歴史巡り&ハウステンボスを満喫
関連リンク

ハウステンボス公式ホームページ

関連記事

IMG_1472.JPG

世界遺産登録間近?!明治日本の産業革命遺産 

【長崎県】軍艦島(端島)上陸クルーズへ

軍艦島へは現在ツアー参加でのみ上陸が可能。長崎市内の港から4つの会社がツアーを実施していて、港へのアクセスもいいので、思っているよりも上陸は簡単で…続きはこちら

旅行ノウハウ
  • 計画編
  • 準備編
  • 移動編
  • 旅先編
  • 思い出編
家族deたびいくへようこそ!
運営者プロフィール 家族deたびいくへようこそ
家族deたびいく_写真館
このページのTOPへ