【クルーズ】クァンタム・オブ・ザ・シーズ~レストランワンダーランド|家族旅行・旅育のプロがおすすめ|家族deたびいく
トップ  >  全国厳選旅行レポート  >  【クルーズ】クァンタム・オブ・ザ・シーズ~レストランワンダーランド
全国厳選旅行レポート
  • シェア
  • Check

船上に現れたエンターテイメントレストラン「ワンダーランド」

掲載日:2016年05月08日

【クルーズ】クァンタム・オブ・ザ・シーズ~レストランワンダーランド

赤ちゃん: 幼児: 小学生: 不思議なしかけがいっぱいで子どもにっこり
両親のにっこり度: 見た目も味も大満足のお料理。サービスも○
400-IMG_2901.jpg

米ロイヤルカリビアンのアジア最大のクルーズ船「クァンタム・オブ・ザ・シーズ」は食についても、他のクルーズとは異なる特徴があります。クァンタムにはメインレストランは5つあり、ぞれに内装や提供される料理も異なるんです。まさに外食するときに「今日はどこにしよう?」といった感じで選べる気軽さがあります。他にもビュッフェやカフェなど無料で利用できるレストラン、有料レストランを含めて、船内のレストランは18と食の選択肢は非常に多いのが特徴。

これだけ選択肢が多い中で、わざわざお金を払って食べるのですから、有料レストランは、それぞれ個性があります。今回のクルーズでは、人気料理家ジェイミー・オリバー氏が監修する「ジェイミーズ・イタリアン」、船内で火鍋が食べられる「ティヴィン・デカンス・ソラリウム・ビストロ」、そして「ワンダーランド」を利用。いずれもカバーチャージを払えば、中では何を食べてもいいというシステム。終日航海日やゆっくりと食事をとりたい時におススメです。今回はお子様連れでも楽しめる、一押しの有料レストラン「ワンダーランド」をご紹介します

無料で利用できる選択肢が多いのに、わざわざ有料レストランへ?と思うかもしれません。でも今回紹介する「ワンダーランド」は、店構えからからして、期待が高まる不思議な雰囲気を醸し出しています。

食事が運ばれる度に、サプライズな演出があり、お子様と一緒でも楽しみながら食事ができます。

まずは、運ばれてきたメニューにびっくり……なんと白紙です!こちらは筆で水をつけると文字が現れてくるという粋な演出。

メニューを見ると、SUN ICE FIRE SEA EARTH DREAMS のカテゴリーに、前菜からデザートまでがカテゴライズされているのですが……。見ても、個性的なネーミングの料理もあり、どう頼んだらよいものかさっぱりわからない。
そこで、ウェイターさんに好みを伝えておススメで運んできてもらうことにしました。

 


写真top)目にも楽しい前菜たち。奥のアイスクリームのコーンのようなものは、蟹身が入っていて、味付けはワサビ!日本人好みのお味。スプーンに乗ったのは、手前がオリーブ、真ん中はロブスターのジュレのようなもので、どれも美味です。


写真a)白紙のメニューは筆で水をつけると現れる。子どもは勿論、大人も楽しくなります


写真b)なにやら煙が充満したお皿が登場。開けると煙の中からスモークされた卵が登場!面白い


写真c)見た目も鮮やかな魚料理。下の赤い部分はお刺身です。前菜は非常に繊細な見た目と味わいで一皿運ばれてくるごとに、楽しませていただきました


写真d)3名で頂いたのでメインが3種類運ばれてきたのですが。シェアするといっても、一皿が一人分とは到底思えないアメリカンサイズ。見ただけでおなか一杯に。(※味はそれぞれ美味しいです)。この後デザートも運ばれてきたのですが、別腹も厳しく、ちょっと量の加減が難しい


写真e)夕食で45ドルのカバーチャージが必要ですが、価値は十分にあります。中国発着の場合、どうしても一般レストランは、ザワザワしたイメージで、落ち着きません(中国の方はあまり食事に時間をかけません)。こちらは気持ち良いサービスの中、ゆったり食事が楽しめます。お店の内装も不思議な世界で、女王様が座っているような椅子があったり、スタッフのコスチュームはマジシャンをイメージしたものだとか。

今回利用した有料レストランの中では、一番のお気に入り。お子様との利用もおすすめです。

【写真a】

IMG_2894.JPG

【写真b】

400-IMG_2907.jpg

【写真c】

400-IMG_2913.jpg

【写真d】

400-IMG_2928.jpg

【写真e】

400-IMG_2948.jpg

旅行の記録

レポート目次 640-IMG_3263.jpg アジア最大16万8千トン超えのクルーズ船とは?
上海発日本行クルーズ!クァンタム・オブ・ザ・シーズ乗船

関連記事

1000-IMG_2793.jpg

ITが奏でるショーは今までにないスタイル。近未来的な船は家族で楽しめる

【クルーズ】クァンタム・オブ・ザ・シーズ~エンターテイメント

3層吹き抜け、床から天井までガラス張りのラウンジ「TWO70」では、最新技術のロボットスクリーンがパフォーマンスを披露。 (写真top・a)夜に…続きはこちら

tabiiku-CCI20160320.jpg

船上で一生モノの体験!

【クルーズ】船上でスカイダイビング?海上90Mの展望カプセル

クァンタム・オブ・ザ・シーズが初の施設は二つ。船上でスカイダイビング体験ができる「RipCord by iFly(リップコード・バイ・iFly)」…続きはこちら

1000-IMG_3269.jpg

スタイリッシュなクルーズ船は、女性好みの空間

【クルーズ】クァンタム・オブ・ザ・シーズ~スタイリッシュな客……

ブルーと白を基調としたスぺリアバルコニーの客室は開放感たっぷりで広々。天井から一面が窓なので、部屋の中からも海や空を感じることができます。18.3…続きはこちら

3000-IMG_2704.jpg

上海で、港⇔空港間を、快適&安全に移動するなら選びたい

【クルーズ】上海での移動。クルーズ乗下船時に上海MKが便利!

当日は、空港の到着ロビーへでるところで、指定のネームプレートを持って出迎えてくれます。 その後、車をつけられる場所まで荷物を持って頂いて移動しま…続きはこちら

おすすめ記事

★tabi-iku-Q00.jpg

親子で楽しいクァンタム・オブ・ザ・シーズ!中高生も楽しめます

船上で初めて体験&秘密基地に子どもは大興奮!

落ち着いた心地よい空間には、書籍や大画面のゲーム、サッカーゲーム等、充実の施設。中でも素敵だなと思ったのが窓ぎわにあるスペース(写真a)。寝そべり…続きはこちら

旅行ノウハウ
  • 計画編
  • 準備編
  • 移動編
  • 旅先編
  • 思い出編
家族deたびいくへようこそ!
運営者プロフィール 家族deたびいくへようこそ
家族deたびいく_写真館
このページのTOPへ